姿勢JAPAN 代表


谷口 宗和 (タニグチ ムネカズ)


姿勢矯正士/姿勢コンサルタント/姿勢トレーニングコーチ


取得資格 姿勢矯正士




ホームページをご覧頂きまして、ありがとうございます。

こちらを見ておられるという事は、姿勢の事で悩まれたり、姿勢に興味がある方だと思います。

私は、10歳からサッカーを始め、中学・高校・社会人まで、プロの選手を目指していました。

高校卒業後、プロの選手を目指す傍ら、各年代のサッカーの指導にも関わる事ができました。

25歳で現役を終えた際には、体にたくさんの古傷や何かの症状が残っていたのですが、この時、姿勢が原因でケガが多かった事には気付かず・・・。

現役を終えた際、サッカーしか知らない自分はこれからどうしていけばよいか?と、人生の目標を失いましたが、小さい頃からブラジルへ行きたいという夢があり、ブラジルへ行く事を決意しました。

そして、ブラジルへ行った事で、様々な所で変化が起き始めたのです・・・。

その後も、サッカーの指導に関わり続け、ある時に、このままの指導で良いのか?と、自分の指導方針に違和感を抱き、試行錯誤していた際に、ケガの古傷により自身の姿勢が悪かった事から、姿勢矯正を受ける事になりました。

姿勢が良くなっていくと症状も取れ、それと同時に自分の考え方の姿勢にも変化が見え始め、もしかすると、姿勢と、自分の指導の違和感が何か関係しているのでは?と思い始め、姿勢の勉強を始める事になりました。(今思えば、気付くのが遅すぎです。笑)

そして、姿勢矯正士免許を取得し、姿勢矯正や、体の動き作り・姿勢作りを取り入れた指導の考えに辿り着く事ができ、姿勢の勉強をしていくと、なぜ日本人の姿勢は、海外の人の姿勢と比べると、こんなに悪いのか?

なぜ日本人は、世界の選手に勝てないのか?と、疑問を追及する日々を過ごし始めたのです。

そして、衝撃的な答えに気付きました・・・。

それは、現代の日本人の姿勢やトレーニング方法では、世界の選手には、絶対に勝てない事だと・・・。

しかし、それでもどうすれば勝てるのかをさらに姿勢を追及した結果、海外の選手や人の姿勢には、一つの共通点がある事を発見する事ができたのですが、この答えは、世間ではあまり知られていない事でした。

もし、その答えをたくさんの人が知れば、姿勢の悪い人がいなくなり、日本人が世界で圧倒して活躍できる日が来ると信じています。

そんな夢が、実現する事が可能だと信じ、各分野で悩んでいる方に、本物の姿勢を伝えていきたいと思います





img03.jpg